記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音遊よりも音楽派

おん‐ゆう【音遊】

ラーメンズ本公演「雀」内のコント、『音遊』から。登場人物の音大生が自分の作曲ポリシーを表現した造語。

━─━─━─━─━─

こんばんは。
髪を切りました。ミコシバです。






トクザワさんに指摘されてiTunesのアーティストを観察するとなんだかものすごい無節操でした。

中島みゆき、銀杏BOYZ、徳澤青弦、cali≠gari、沢田研二、ハナレグミ、椎名林檎、Perfume、芥川也寸志、大野雄二、Fantastic Plastic Machine


意味がわからない。



でもこのグループ、二つに分けることが出来ることに気づいた。

音遊派と音楽派。


昨日SMAPと歌うエレカシの宮本さんをみた。相変わらず楽しそうに歌っているなあ、と思っていた時にYouTubeのインタビューを思い出しました。



なんだか凄く曲にメッセージを込めるタイプの方でした。

それを知ってから同じ曲を聴くと二度おいしい。一生懸命、説明をしている姿も噺家さんのようでユーモラス。

YouTubehttp://www.youtube.com/watch?v=2VfjSep4Rj8&feature=related




で。
私たちの大好きな椎名林檎さんもメッセージタイプだと、私たちは思ってます。ビークルとか、相対性理論にすら(勝手に 考えたのはシノダさん ストーリーを楽しんで聴いています。



音遊って、
「音と遊ぶ」
だよね。


だけど、私たちの楽しみ方だとアーティストの方々は、
「メッセージを音を‘利用’して伝えてる」
ことになるから、音楽ってことになるのかしら?


FoZZtoneは音楽。
Fantastic Plastic Machineは音遊より。
徳澤青弦は音遊。

という感じかなあ、なんて言ってました。(勝手にね





やっぱり昭和歌謡が好みだったりするから音楽派かな。

でも電気グルーウ゛が好き。


電気グルーウ゛はこの分類法だと絶対音遊なはず。

だってさ。
ピエール瀧の体操とか、電気グルーウ゛20周年の唄とか。

エンジのソファー
にいたっては楽曲と歌詞が戦ってる。歌詞がすごいけどメロディが好き。

歌詞も好きだけど。聞きとれちゃうと歌詞に注意してしまうけど。


でも好きなんだ。
ハマルとこれがいいの。



結局、音楽も音遊も好き。
NO MUSIC NO LIFE

ミコシバ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JuhlaSisko シノダ

Author:JuhlaSisko シノダ
シノダ レイコ

1987年 5月生まれ。
JuhlaSisko、制作担当。
三度の飯と同じくらい編み物が大好き。生まれも育ちも茨城。


ミコシバ デミコ

1987年 10月生まれ。
JuhlaSisko、設計担当。
口も悪いが手も早い。生まれも育ちも茨城。


【活動歴】
2009年   創作人形ユニット「雑用姉妹」結成。

2010年5月 デザインフェスタに初参加。

2014年   創作人形ユニットから創作編みぐるみユニットに。
      このころから作品の販売を開始する。

2015年末  本格的に作品の販売活動を始める。

minne

Twitter

QR Code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。