記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原町製パン

もう一度食べたい、思い出のパンを教えて! ブログネタ:もう一度食べたい、思い出のパンを教えて! 参加中
本文はここから

こんばんは。雑用のアマゾネスな方ミコシバです。

お勧めするパンは「原町製パン」。

聞いたことないのも当然。地域限定だから。

福島県は原町というところでしか売ってません。そんなパン。

でも本当に美味しい。



見た目的には学校給食で出てくるようなパン生地。

そしてビニールで包装されている。

たったの2種類。「夕月」か「原町製パン(普通)」。


もうずいぶん前に食べたきりだからうる覚えだけど「夕月」のほうが形が丸い。


でも、味は大体同じだったと思う。

中にホイップクリームと餡子がたっぷり入っている。

でもめちゃくちゃ美味しいの。本当に美味しい。




福島いったら必ずアイスまんじゅうとセットで買うの。旨いから。




でもあそこって後継者居るのかしら。

そういうところってお爺さん一人で頑張ってる場合が多い。





旨いところって大抵そうなのよね。

信玄餅っぽいうまいお菓子を駅前で売っていたお爺さんも、その餅を売るためだけに引退後店がないから駅前に仮出店してやってたらしいからねー。

もうないのかな・・・。

あの今川焼の店もお婆ちゃん一人だったし。

もうないのかな・・・。

シノダさんが書いたから、切ない路線は避けようと思ったのに切なくなった。

消えていく旨い店・・・。




旨い店のお年寄りは静かにフェードアウトしていくのに、なぜ海賊版を売っている店のお年寄りはいつまでも現役なのだろうか。




10年以上前からずっと「本日閉店大安売り」で通している。

小中学生を騙しているんだ。





これちょっと「雨傘の法則」(※我々の周辺で勝手に使っている言葉「いいものほどすぐなくなる」の意。)だよね。

カーペンターズも。夏目雅子も。

いま大好きな人たちにも死ぬ直前まで好きなことに没頭していられるように、健康で長生きしてほしい





長寿国日本の底力に願いを込めて。(何の話だったんだっけ)


ミコシバ

ペタしてね

なぉぱん***
なぉぱん***
なぉぱん***
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JuhlaSisko シノダ

Author:JuhlaSisko シノダ
シノダ レイコ

1987年 5月生まれ。
JuhlaSisko、制作担当。
三度の飯と同じくらい編み物が大好き。生まれも育ちも茨城。


ミコシバ デミコ

1987年 10月生まれ。
JuhlaSisko、設計担当。
口も悪いが手も早い。生まれも育ちも茨城。


【活動歴】
2009年   創作人形ユニット「雑用姉妹」結成。

2010年5月 デザインフェスタに初参加。

2014年   創作人形ユニットから創作編みぐるみユニットに。
      このころから作品の販売を開始する。

2015年末  本格的に作品の販売活動を始める。

minne

Twitter

QR Code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。