記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京03 角田さんのとりあえず生中(前半?)

こんばんは。

凄く手の込んだことをしたと、今気がつきました。ミコシバです。


生放送当時、シノダさんは視聴できない環境下にあったため、ミコシバが見ているものの音声を共有して、あとはいつも通りフィーリングで伝えました。


速記は(不完全だけど)シノダさんはできるので。。。


雑誌のインタヴュー抜粋記事のような感覚でお送りします(不完全速記だから)。





パーソナリティーは、このたび角田さんと同じくバツイチ芸人の仲間入りを果たした陣内智則さんとまいまいさん。


まず角田さん登場まで、YU-Aさんという女性歌手(身長が150cmちょっと小柄だけど大人っぽいとてもかわいい女性)の紹介&告知。PVがありました。


見ていていつも思うのですが、人気のあるニコニコ動画の画面は文字で埋め尽くされて、ほとんど本編を見ることができません。申し訳ないとは思いつつも、非表示にさせていただきました。




角田さんが登場するくだり


いきなり「あえて呼ばない」という芸人待遇。


キングオブコントは本当は"しずる"や"ロッチ"もありだという話・・・。



「よんでくださいよー」(遠方から切ない声量)




それでもキングオブコントの称号はすごい


登場してからしばらくの間は角田さんは女性陣&陣内さんに絶賛されていました。(しかし初回登場の紹介が「パックンマックン」のマックン。)


角田さんは黒いシャツとデニムにハットでした。首にはトンボ(ハープをつける道具)。


ミュージシャンの雰囲気が出ていました。



陣内さんからは


「人力舎のなかでもさらに目立たない立ち位置」との印象を語られるも、「これからクるんじゃない?」、と言われ


謙遜しつつもまんざらでもない様子。




キングオブコント本番はとにかく緊張した


・照明がすごい

・クレーンが(おそらくカメラの)迫ってきて凄い。


そしてやはり人力舎の取り分が4割という不満アピール。(吉本はギャラはアレだけど賞金はとっぱらい)


結果、一人頭200万ということに。


「ですけど、それでも大金ですよね。」




キングオブコント効果


楽屋に帰ったらケータイのメールがすごかったらしいです。何とその数70件!


中にはもう連絡を取ることもないと思って消してしまったアドレスからも・・・。


「現金ですよねw」


中には過去に角田晃広を振った女性まで。


さらに、もと同棲相手からも(ということはつまり元カノ)。




悲しい同棲の思い出


一緒に暮らしていた彼女があるとき突然3日間帰ってこなくなった。


説明を求めたら、つじつまが合わない個所が・・・。


追求すると。


「好きな人ができました」


その日は2月14日。ヴァレンタインデー。


そんな彼女とはもう一緒に暮らせるわけもなく、新しい男の元へと旅だたせた角田さん。


残ったのは彼女の連れてきた2匹の犬。。。


結局その後2カ月は面倒をきちんとみたそうな。


「3日間帰ってこなかったら気になるよ。やきもちはめちゃくちゃ焼くよ。」


その経緯で引っ越し。そして借金があります。賞金で返すようです。




メールが来た時の心境


「当然腹も立つし、返信しません。でも、少し"ありがとう"ってきもちもあったかも」


陣内さんから、


「そのメールはやり直しましょうっていう話なんじゃないの?」


さっそくニコ動のコメントには偽彼女が多発。


その流れるコメントを見て、ニコニコ動画初体験の角田さんは感心。


「さっきのYU-AさんのPVなんてほとんど文字で見えませんでしたよw」




メンタルの強さがなきゃパーソナリティは務まらない


開始直前から「陣内卒業」や「陣内土下座」などのキツイコメントのおおいこと。


それをみてさらにおどろく角田さん。


陣内さんは「コメは読まないと怒るからね」と平然。


さらに「土下座=大好きって意味だからねw」


「メンタル強いですねー!俺には務まらない・・・。超こえー!」




オンバト世代


実は陣内さんと角田さんは芸歴がほぼ同じらしい。おなじオンバト世代。


「この世界に入る前は大学生でした。で、プラスドライバーで、アルファルファに・・・。」



女性陣二人はまいまいさん(22)、YU-Aさん(23)。


まったくご存じないようで適当にあしらわれる男性陣。


「オンバトはバトルするやつですよね??」(まいまいさん)



告知タイム


ゴッドタンの「マジ歌」のコーナーから産まれました。


来週発売の「若者たちへ」。


「大竹マネージャーという人力舎のマジマネージャーと一緒にやってます。」




事情によりPVは流せないので・・・


「生歌でいかせてもらいます」とギターを用意。そのためのハープ。


しかし。


「きのう、キングオブコントでまさかの優勝をさせていただいて・・・調子に乗って浮かれてお酒飲んじゃって・・・・ちょっと今声が出づらいんです。すいません・・・」


たしかにいつもより普通の声量。


「キー落としていかしてもらいます。・・・さわりだけ。」


イントロを演奏し始める。


出だしはハスキーながらもまずまず。


しかし、曲が盛り上がるにつれ声が出ない・・・。


完全に高音域は裏返ってました。


「これ、マイナスプロモーションですね・・・w」




作詞・作曲 角田晃広


それでも、かっこいいと絶賛される角田さん。


陣内さんからは「長淵っぽいね」。


曲のテーマ、『現代の若者たちの非常識、そしてそれを見て見ぬふりする大人たちへのメッセージ』を語る。


陣内さん、「ミュージシャンくせー。」と苦笑。


「大竹はピアノがいけるくちなので参加してもらってます」


「9月30日発売です!よろしくねー。」


しかし結局陣内さんには「買わない」発言をされる。



将来のビジョン


「将来的には歌手やりたいですね。やっぱりもともと歌手になりたかったですから。」


昔から、熱いメッセージソングを放つ歌手に憧れていたと語る。


長淵に憧れて、作曲を志すも伝えたいほどの熱い気持ちを持てる現状への不満がないことから断念。


陣内さん、「ルックス的にむりじゃないw」


「そこなんですよねーw」


まいまいさん、YU-Aさん「でもそんな感じのミュージシャンいますよ。素敵ですよ。」






ここまでが前半部分。。


この後、コーナーに入りました。。


ミコシバ

























スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JuhlaSisko シノダ

Author:JuhlaSisko シノダ
シノダ レイコ

1987年 5月生まれ。
JuhlaSisko、制作担当。
三度の飯と同じくらい編み物が大好き。生まれも育ちも茨城。


ミコシバ デミコ

1987年 10月生まれ。
JuhlaSisko、設計担当。
口も悪いが手も早い。生まれも育ちも茨城。


【活動歴】
2009年   創作人形ユニット「雑用姉妹」結成。

2010年5月 デザインフェスタに初参加。

2014年   創作人形ユニットから創作編みぐるみユニットに。
      このころから作品の販売を開始する。

2015年末  本格的に作品の販売活動を始める。

minne

Twitter

QR Code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。